FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様ちょっと食レポしすぎではないですか?

食レポ、食レポートが、星の数ほど世に蔓延る食レポートが不思議でならない。





「レポートを提出してください」





このフレーズを聞いて、ウッヒョオォォォ!!レポーッットォォ!!Fooooo!!!!と飛び跳ね転び上がる日本人は、そう多くはいないはずだ。



期限を切られ、単位で脅され、理解もできない、そもそも出席していなくて書く内容すら分からない。



なんなら3日前に友達からの「レポートどこまでやった?(笑)」というLineで存在に気づく、トゲのあるイカしたやつ。



前日夜中の2時、モンスターエナジー片手に泣きながら取り組む絶望と畏怖の権化。







そんな認識レポート提出俺が好きなのモンエナウルトラyeah









白いやつです。ポカリみたいな味のあれね。








しかしながら食レポは、頼まれてもいないのにネット社会に溢れかえるほどに書き込まれ、乱立している。




その意欲を、エネルギーを、クリエイティブ精神を、何故もっと人生のスコアに直結しそうな対象に注げないのだい?




さらに情報量もすごい、日常会話では


「昨日の店どうだった?」


「ああ、うまかったよ」


程度なのに、ブログではその食べ物が、あらん限り怒涛の語彙によって、表現し辛い味覚情報までもを形容していく。



もし日常会話で食レポレベルの会話をすると


「昨日のお店どうだった?」



「ああ、あそこは茅場町駅からA○出口から徒歩2分にある2階のお店でね、一見普通の大衆居酒屋だしサラリーマンの集う安酒の店っていう風貌なんだがそこから提供される数々の趣向が凝らされた作品が最高なんだ、ただの冷奴ですらしらすとねぎと白ごまを贅沢なほどに使用し、更に一緒につけられているタレが全体のマリアージュを一気に次の次元へと引き上げる起爆剤になっている。その雀の涙のような繊細さと牙をむく鮫のような豪快な旨味が合わさったモダニズムな印象を受ける1品なまさに”芸術”と呼ぶにふさわしい。この転売されてもおかしくないレベルの白銀のバベルがなんと驚きの299円。現世と天国の狭間、それがあのお店なのさ…」






完全に対話によるコミュニケーションが欠如した根暗陰キャオタク、端的に言って気持ち悪いの一言なわけだが、それを良しとする文化、伝統、様式美が、食レポにはある。








前置きが長くなりましたが、今回は食レポです。








気の知れた友達と、ふと飲みに行こうと思ったとき


安くで、雰囲気は明るく、価格は抑えて、比較的どこにでもあり、安価で、品数も多く、それでいて格安、そんな素敵なお店を探したくならないだろうか?







今回はその全てを叶えるお店、鳥貴族を紹介しようと思う。







僭越ながら自分は結構な回数使用していると自負している。なんか一旦1件目鳥貴族だったりするし、なんかもう酒でもなんでもなくただ夕飯鳥貴族ったりするし。





合コンとか正直ここで良いんじゃないかなと思ってます。
※筆者は合コンに一度も参加したことが無いためあくまでも空想上の意見です。





合コンといえば最近イケメンの30歳が同じ部署に入ってきて、



「あっさっきはすいません合コンみたいなノリでしたねw」



みたいなフォローを入れられたんだけど、なにその合コンは全人類当然通過してるよねみたいなマウントは?



というかどの会話に合コンのノリがあったのか全くの不明、え?どこどこ?



てか彼にとってはマウントを取った感覚すらないのか?




君のその前提は、無意識に人を傷つけるから辞めたほうがいいですよ、という言葉を端的に表現




「あっ大丈夫っすよw」







今回はそんな僕から、おすすめの鳥貴族メニューとともに、孤独のグルメ的鳥貴族広報宣伝部としてご紹介していきます。







ちなみに1人でレポートします。貴族なので。




IMG_1003.jpg




「ご注文はお決まりですか?」



当然メニューを見ることもなく、注文。



「金麦と味付け玉子とよだれ鳥で」





この短い間の会話で、店員は察知する、(こいつ、ド素人じゃねえ…!)





まず初手の金麦という単語だが、鳥貴族で「ビール」と注文するのはチャレンジングな注文方法だ。


普通にビール、と頼むとプレモルが出てくることが、多々ある。というかそういうオペレーションなんじゃなかろうか?



まず鳥貴族界では常識的で自明である、前提となるルールを紹介する。


飲み物食べ物””全て298円””という料金体系だ。


全てがこの298円という絶対的基準に従ってメニューが構成されているため、質と量が金額に基づき反比例のグラフを描くよう設定されている。




金麦よりプレモルのほうが美味い、が高級品なのでプレモルの場合中ジョッキで出てくる。




金麦にそういうスマート感は必要ない、大ジョッキでドン!、ほら飲め貧乏サラリーマンみたいに出てくる。


その堅物さがたまらない。




逆に特別な日、誕生日とか、好きなあの子が消しゴムを拾ってくれた日などは、リッチにプレモルを注文し貴族マウントを取っていくのもGoodだ。



IMG_1004.jpg


金麦だけ先に到着、ここで更に追加で冷奴を選択。



個人的におつまみで初手最強の布陣は味玉、よだれ鳥、チャンジャの3種の神器。


しかしチャンジャは長続きさせつつ2杯目の金麦を頼むときに真価を発揮するタイプ。
今回は金麦1杯だけで攻めていくスタイルのため裏のボス冷奴という陣形をとった。

IMG_1005.jpg


弊社の数多くの実体験を元にした統計から、この組合せが初手陣形の究極に限りなく近いと考えられる。いいだろうか?



■味付け玉子 -からしを添えて-
付属で適当に更にひっついている辛子と一緒に食べると爽やかな辛さ、組み合わせ的には完全におでんの卵なわけだがあの感覚を味わえる。
他の味にパンチの効いた若い奴らを一旦落ち着かせる補佐的な役割を担う。基本こいつが一番最初に完食される。




■よだれ鳥 -ネギと辛味のマリアージュ-
陣形の中核を成す最も重要なポジッッション。辛いのが苦手な人にはおすすめはできないが金麦との相性がフルマックス。
何度食べても旨味がすごいのでこいつは外せない、キャプテン的な存在だ。


キャプテンを完食してもまだ余韻に浸りたい場合は補佐の卵をたれにブチ込んで食べると幸せになれます。




ちなみにチャンジャは先程も述べた通り料理を残しながらアルコールを大量摂取したい、持久戦型のプレイで投与される。


小さく小さく頬張りながら辛さと金麦で飲み勧めていき、1度だけ食べられるシソ巻きチャンジャでくクゥ!と渋みを体感する、1皿で物語になる完成品である。



■冷奴 -日本のさっぱりを堪能-
食べ物をメインでパクパクと食べ、長居するつもりのない短期決戦型で使用するポケモン。
醤油鰹節ネギ生姜という組合せで、これでもかというほどさっぱりあっさり。


よだれ鳥食べてガツンとボディーブローを食らったところにすかさず味玉&冷奴、するとまたよだれ鳥が食べたくなり…というループが生まれる。







さあ、宴を始めようじゃないか。







ちなみに鳥貴族の串メニューは基本一人では採用しない。
これにも当然意図が張り巡らされているのである。





鳥貴族に限らずお店で焼き鳥を注文するとき、とりあえず3種類くらい注文してみないだろうか?


串のメニューを眺めフンフンフン、あーこれうまそ、お?うずらの卵いいな~


「ご注文伺います」


「うーん、もも塩と、鶏皮塩と、つくねたれ?あっうずらの卵~」



串メニューの謎の魔力。なぜ串だけは食べ合わせていくのか。







「ご注文伺います」


「うーん、シーザーサラダと、わかめサラダ、あとコーンサラダとメキシカンサラダで」


ビールと一緒に突如サラダ4種を注文する男。
不気味でならない、え?4つ?あっ宗教上の理由で肉が食えないのかと確実に勘違いされる。




とにかく、串はそれだけでさらっと1200円とかかかる、幸せを感じる時間が短すぎて勿体無い。




串を食べたい場合は2980円で食べ飲み放題というニワトリパーティ改めトリキ晩餐会がおすすめだ。


8人以上でないと予約できないが、プレモルも飲み放題、好きなものも片っ端から注文していける。
串も食えるぞ。おかわりもあるぞ。




正直な話1人あたり結構食べないと単品注文よりも高くなることもあるが、そういう食と飲に対する”覚悟”のある方々は試されてはどうだろうか。




金麦が尽きかけ、初手の陣形もほぼ崩落してきたため、第二回戦、知多ハイボール、カマンベールチーズ、とりワンタンを追加。


ガラリとプレイスタイルを変更するスイッチ戦法。

IMG_1007.jpg


今回は通常のハイボールではなく、知多ハイボールを選択。これはビールで言う所のプレミアムモルツ、ちょっと贅沢なものだったが最高なので注文。


一般的なハイボールより数段甘い、めっちゃ甘い。他の酒でいうとキャプテン・モルガンに近い甘さだがまあメープルシロップみたいな感じです。


個人的にはぶっちゃけ前の白州のときのほうが好きだった。


IMG_1008.jpg



とりワンタンは、初体験だった。秋冬フェアメニューということで注文してみた。



注文直後は期間限定感の煽り文句に踊らされてしまった、相対値と絶対値の付加価値に対する感覚が麻痺している主婦の思考だったと後悔の念。




しかし食べるとohそこに広がるファンタジー




ごまポン酢の風味、これはワンタン業界の新たなアンサーなのではないだろうか?






中華にごまポン、まだ荒削りだがそこには料理の新次元が、ビジネスチャンスが、息を潜めてじっと見つめている…
















そして、ついに、満を持して鳥貴族のメインディッシュ。”カマンベールチーズ”が到着。













IMG_1009.jpg






カマンベールチーズ、これを頼まない時点で人生の8割を損している。



鳥貴族通を名乗る先輩がこれを頼まず店をでたらそいつは確実にモグリだ。縁を切ることを推奨する。
※あくまで個人の意見です




鳥貴族のあらゆるメニューの中で頂点に君臨する、原点にして頂点。





鳥貴族ではなく、カマンベールチーズ貴族に名称を変更して良いのではないか?鳥貴族には真剣に検討して頂きたい、それほどまでにこのメニューは強烈だ。



サックサクの衣、どろりと溶けるチーズ、それだけでもメジャーリーガーだが、人工物的なバターに通して食べるとそれはまさに鳥貴族のスペシャリテ、ジャンクフードと高級フレンチのいいとこ取りをした高級なジャンクがフレンチ。




鳥貴族フルコースを堪能。さあ、帰ろう、帰り道に締めのラーメンでも食べて、さ?









ノンノンノン、詰めが甘い。鳥貴族には締めの飯、ラーメンまで用意されている。


IMG_1010.jpg



一昔前は普通に夕飯感覚で食っていた魚介豚骨ラーメンがあったが残念ながら現在メニューには存在しない。ロイヤルホストのパーコー麺がなくなったとき以来の切なさだった。


米の気分ならとり窯飯がおすすめだが、今日は麺の気分だったので期間限定のしじみラーメン締め。







ここで突然しじみラーメンでダジャレが思いついたが今回は割愛する。







300円とは到底思えないほど、汁にしじみがしみている。ほら、もうダジャレ感あるでしょ?


これ僕は悪くなくない?あの小ぶりの貝類に「しじみ」という名称をつけた人物、もしくは「しみる」とかいう日本語以外にこの表現方法のある言語が存在するのか不明な動詞や、あの感覚に「しみじみ」とかいう畳語を作成した独特のセンスを持つ製作者に責任があるのではないか?



会計2500円。トリキでここまで金額行くのはなかなかでは??でもアルコール飲んで飯食いまくって締めまで食ってと考えるとやっぱりいいよ。すごくいい。




前置きで世に蔓延る食レポについて一石を投じたのに、驚くほど普通の食レポをしてしまった。






猛省の限りです。
スポンサーサイト

長らくお待たせしました。

事の発端は8月末、家族で加賀屋に1泊2日の旅行に行ったことに起因する。

「加賀屋」、皆さんはご存知だろうか?

それはもう由緒正しくアホみたいにすごいところで、和のテイストを全身に押し出した入り口をくぐるとミケランジェロの像はないが、13階まで吹き抜け空間の後ろには全面ガラス張りで海が一望できるラウンジで、和服のお姉ちゃんが琴を弾いてるのがBGMでスタッフが5人位常に待機してるのは、マジな話である。


かつては天皇陛下もご宿泊あらせられたこともあるくらい、とかく、すごいのだ。



そして当然ながらその宿泊費も、ベラボーに高い。



どのくらいベラボーかと言うと、グレードや時期にもよるが、大体1人あたりの一泊の値段でドトールのブレンドコーヒーが200杯くらい飲める。カフェイン中毒者もびっくりの価格である。

人間が1泊でブレンドコーヒーを200杯飲んだらどうなるか想像がつくだろうか?おそらく次の日女将さんが日焼けして倒れたかのような彼を見つける第一発見者となるだろう。


そんな値段は親資金でも当然払えないのだが、8月末のへんな平日の時期だとなんたらのうんたらで大特価タイムセールをやっていたらしく、手が届くくらいの金額になったため適当にお祝いごとを取り繕って購入した、といった経緯である。



さてこの時期、ちょうどそろそろブログを書きたいなと思っていた自分、当然この一大イベントをブログにしたためてやろうと、虎視眈々と、性犯罪者のような下心で旅行に赴いた。


しかし普通に書いても面白くない
「泊まった宿から見える景色(*´∀`*)!海も山も見えてぜっけーーーーい!!(^o^)これからおいしい海の幸食べてきます(*´ω`*)」

クソ喰らえである。


もういっそ振り切って、あることないこと自慢話を書き連ねていこうか、旅行先にある電柱を端から記録していって、なぜかひたすら電柱の考察をする記事にしようか・・・





そんなとき、自分の今やっているゲームを思い出す。





ポケGO






ポケモンGOだ。



なんとこのゲーム、全ての道路や名所どころが現実世界とリンクしており、まさに今、この歩いている道でポケモンと遭遇し捕まえる、ついに人類ここまできたかゲームなのである。



餃子を食いながら、完全に閃いてしまった。




ポケモンGOのスクリーンショットを撮りまくって、名所名所全ての画像をポケモンGOの画像にすれば面白いに違いない。




天才だ、天才すぎる。これしかない。
海の見える道ー!と書きながらたしかに海と道路に面しているポケモンGOのスクショを貼り、加賀屋つきました!と言いながら加賀屋周辺のポケモンGOのスクショを貼り、餃子おいしい!と書きながらミズゴロウを乱獲している記事…天命だった、はずだった。



旅行を満喫でき、ブログのネタにでき、ポケモンもたくさん捕まえられる



このあまりにも効率的、生産的、効果的、画期的な案に、盲目になってしまった。
おそらく今目の前に、1億円分の諭吉が積まれている…そういった状況に、限りなく近いと思う。




餃子屋で、餃子を食いながら、狂ったようにミズゴロウにボールを投げ続けた。
そしておもむろにスクショを撮る。はは、このミズゴロウ、全体的になかなか活躍が難しそうだ。



ポケモンGOは車での脇見運転を防止するため、一定の速度以上で動いているとポケモンもアイテムも一切入手できないようにプログラムされている。
しかし、それでも助手席でポケモンGOを開く。甘かった、開発者も、スクリーンショットを撮る、というプレイは制限をかけなかったようだ。


加賀屋についてもその姿勢は崩さない、なんと加賀屋、ものすごく密集してポケモンジムが4つある。自分の半径に4つのジムが収まるエリアがあるのだ。
ポケモンGOをやったことない人にも分かるようこの状況を例えるとすると、目の前にオバマ大統領、背後にはスティーブ・ジョブズ、左には石原さとみ、右には織田信長が立ってる。そんな状況である。

かこまれている



卒倒する。しかし、あるのだ。加賀屋にいけばこれが実現してしまうのだ。おそろしい、おそろしい宿である。




夜は大雨だった。しかし、お風呂からでて即加賀屋のエントランスを出てポケモンGOをしに、いくのだ。


何をしているんだろう、どうして僕は、高級旅館から出て大雨の中ポケモンGOをしているんだろう…。ポケモンGOなら東京でだってできるのに…
でも、雨のおかげで、水ポケモンはいっぱい捕まえた。ホエルコは、とても素晴らしかった。特に防御が驚異的だった。



それでも旅館は満喫し、次の日はなんとか晴れて、いい旅になった。








しかし、旅が終わり、ブログを書き始めたとき、致命的なことに気づいてしまう。








よく考えてほしい。







旅行日記に普通の画像の代わりにポケモンGOの画像を貼る。

たしかに、1枚目は面白いかもしれない。でも、それが2枚目、3枚目と貼られ続けていたら、皆さんはどう思うだろうか?

この作戦は、この発想は、一発芸だったのだ。

一発芸は最初は面白いかもしれない。でも、なんども、なんども、30分間同じ一発芸をし続ける動画があったらどうだろうか?それは逆に面白そうです。


ブログという特性上、どうしても読むペースは読者側にあり、テンポや勢いが大切な一発芸とは、あまりにもかけ離れたモデルなのだ。


書けば書くほど、つまらない、つまらっっつまらっつあmxtあmつあつつオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!


スランプに陥った小説家の誕生である。




さらに、ギャグ漫画みたいな展開が追い打ちをかける。


このFC2とかいうサイト、記事は途中保存でも下書きで残るはずなのに、書いているはずのブログが、完全に「消えた」のだ。

原稿の上にコーヒーをこぼしたときの絶望、レックウザを色違いまで粘ったのに、残りのボールはスーパーボールが2個だけ・・・



その傷は、未だに自分のブログの記事管理に、重く刻まれている。

ブログの管理画面


というのがブログを投稿するのに長引いた言い訳なんですが、許してくれますかね?いやまじすいません。

「ノンフロさんすいません、ちょっといいですか?PCが動かないんですけど…」

「何もしてないのに、なんかPCが動かないんですけど」






お前ら、何もしてなくても夕飯が出てくるわけじゃないんだよ。

ママがスーパーで食材を買ってきて、料理をして、そして夕飯があるんだよ。

結果にはな、必ず原因があるんだよ。Do you understand? a- ha-?

それを素知らぬ顔で「俺なんにもしてないんだけどなんか動かないんですよ」って、どうして被害者ヅラなんだ?
それはな、お前がLANを踏んでネットに繋がらなくなっていたり、なんかコンセントが外れていたり、シャドーITかなんかしてウイルスに感染したり、windowsのアホアホアップデートがかかっていたり、するわけですよ。

そもそも、動かないんですけどってなんなん??そりゃお前、そのデスクトップPCはルンバじゃないんだよ。足はついていないから、動かないわけですよ。

”どう”動かないんだよ?そもそも電源がつかないのか?ついてもcmd的な白黒画面になってしまうのか?ウィーンって音がするのにモニターがつかないのか?

ウィーンって音がなるのに画面がつかないときはな、経験上、VGAだかDVIだかHDMI知らんけど、デスクトップとモニターのコードが外れてるだけだから。

「なんか辛いです、助けてください」じゃかかりつけのお医者さんも「いやあの、どこが痛いとか、いつからかとかどうなん?」ってなるやろ?そういうとこやで

てか、「ちょっといいですか?」ってどういうことなんだ。ちょっといいかどうかは内容によるでしょ

「今日暇?」ってLineで聞いてきたら「は?」って思いません?そりゃお前、内容によるだろ。

奢るから焼き肉食いに行こうならそりゃ暇でたまらないけど、資格取得の勉強会しようって言われたら忙しくていけないわけですよ。

どうなんだ?パソコンが動かないんですけどって?お前のデスクトップにタイヤを取り付ければいいのか?



そりゃお前、あれだよ。








自走するデスクトップPC、めっちゃ、、、かっこええやん…

通勤 超絶地獄級 コスト400円(片道)

実は「今週中にでもあげられるといいなー」くらいの気持ちで書いている記事があったのだが、今朝方非常にデンジャラスなことが起きたので今まで書いていたのそっちのけで書こうと思う。


皆さんは通勤通学時の交通手段は、何を使用しているだろうか
学生であれば徒歩や自転車も多いだろうが、ほとんどの社会人は





“電車”





を使用してるのではないだろうか。

平凡な人生を謳歌してきた自分も例に漏れることなく、大学時代から鉄の箱型マシンを通学に使用してきた。
無論、社会人3年目となった今でも、ルートや線は違えど乗りこなし続けている。



しかし、人生での電車使用回数に関しては、かなり上位層にいると自負している。



通勤通学はもちろん、基本根暗なくせに土日平日夜は無駄にアグレッシブなため、意味もなく電車に乗ってどこかに向かっていた。

東西線と総武線をメインに、JRメトロの垣根も超えた猛烈な回数、使用している。


更には生まれた場所があの、東西線沿線、”日本一”つまり事実上”世界一”乗車率の高い電車に物心ついた頃から乗り続け、耐え抜いてきた。


それは角砂糖に群がる蟻のように、どこからやってきたのかも分からない鬼のような人数が立ち並び、既に明らかにキャパを超えているその鉄箱めがけ、一世一代をかけ一斉に突進する。

車内は「現世の地獄」以外の形容ができない。足の小指1本動かすことはできず、どんなに汗をかいた体臭のきついブルドーザーサラリーマンが水タバコと木刀を持ちながらお経を唱えていても、抱きしめ合うように密着し何十分も硬直しなくてはならない。


通勤ラッシュ時の東西線に1年以上乗車すると、電車の乗車率は「足が地面についているから空いている」という基準になり、遅延30分以上の中央線以外格下の電車と感じ、ミドルネームに”修羅”が追加される。

僕のことは、ノン・修羅・フロンと呼んでもらって差し支えない。



僕も電車で様々な人と出会ってきた。

車内で嘔吐している現場は腐るほど見てきたし、奇声をあげながらヘドバンしている人、朝から車内でキスしまくって完全に脳が火星に飛んでしまったカップルとも出会ってきた。



そんな僕でも、今回はかなり「死」を覚悟した。



いつも通りの電車、普段の乗車率はそこまで高くないが、今日は遅延と通勤ラッシュでお手軽現世地獄状態になっていた。

ギリギリ、電車に乗ることができた。さらに自分の正面のドアが締まれば、ドアを正面にしながらなんとかパズドラできそうな雰囲気だった。

東西線ユーザーの間では常識だが、もし座席正面のラインに立つことができない場合、つまりドアの近くに直立せざるを得ない場合、ドアが閉まるぎりぎりの場所にいるのが、最も精神的ストレスが少ない。
電車位置

※ドアと座席のL字部分、俗に言う"門番ポジション"の方が当然より良いが、立ちの中でもかなり人気席のため当然空いていない


これは次に書こうとしている記事にも少し関連するが、やはり人間、四方八方生物に密着されるよりは一辺でも無機物にぶつかっているほうが、ゆとりが生まれるのである。

なによりドアは、スマホをいじろうと多少強引に動いても憤怒したり、明らかに迷惑なまなざしをこっちに向けてくることもない。
目の前で嘔吐することもなければ、隣の手すりとアホみたいにキスをすることもない。


完璧な位置を確保、なり始める発車音、間もなくドアが閉まります これからの乗車はご遠慮ください・・・





しかしここで、階段からダッシュ。ムササビのように飛び込んできた女性。


強引に僕の目の前に入り込み、電車のドアが閉まる。圧迫されるボク。


なんだこのやろう社会のルールを守れルールをと、若干嫌悪のまなざしで女性を捉えた瞬間、震え上がってしまった。


「それでもボクはやってない」の女子高生(中学生?)、痴漢被害者役にそっくりだったのだ。



この電車、この配置、この様相。やばい、マジでやばい。







"吠えられたら、詰む"




2電車位置


もう、絵だけで見れば完全に犯罪者、会社でストレスが溜まり女子高生に興奮してお尻をなでる社会人3年目の図にしか見えない。

※本当に痴漢してないからね


防衛手段は「カバンを床に置いて、手を上げる」という行為だが、これもまた難しい。


まず現実は図よりそうとう密着している。人ごみが激しすぎて、カバンをおろす床が、もう既に存在しない。
さらにこのあたり、"手すりがない"。手すりもないのに両手をあげる社会人3年目。たしかに痴漢冤罪防止策としては間違っていないが、あまりにも過剰で、傍からみたら意識しすぎで結構気持ち悪いと思う。いや、普通に精神異常者と勘違いされて通報されかねない。



まず頭によぎったのは、ホームから線路に飛び込んで逃走する自分。お花畑と川は、もうすぐ、そこだ。



次に頭によぎったのは、自分の3本指にはいる好きな番組「ねほりんぱほりん」の、痴漢冤罪経験者の回。



痴漢でつかまった場合、有罪になる確率は、99.98%以上



裏をかえせば、無罪になる確率は、0.02%以下、ということになる。



この0.02%というのは、ソシャゲの最上レア、SSRの1体あたりの確率と、ほぼ変わらない。



さらに、女性に吠えられた瞬間、無罪だろうがなんだろうが、ほぼ詰んでいる。

参考 ねほりんぱほりんに出てきた痴漢犯罪に詳しい弁護士の発言、全文
----------------------------------------------------------------------------------
これはですね非常に、ある意味お答えが難しいんですね


「例えば別の客がですね、この人痴漢じゃありませんと、いって本物の痴漢を差し出してくるとかですね、そういったことがない限りは、その場で潔白を証明するのはきわめて困難・・・

まあこれは弁護士としては非常に申し上げにくい面もありますけれども、えー女性から言われた時にですね、私は違いますといってその場を立ち去る。

ただそのとき例えば腕を振り払ったりですね、抵抗したことが、あとで暴行罪だとか、傷害罪って発展しかねないこともありますんで、その場で去りましょうというのは難しいですね」

「えー、解決策ないじゃないですか」

「一番だからいいのは、間違えられないように注意を怠らない。油断しないことなんですね、だから痴漢というのは出すね、よく女性の敵といいますが、そうではない、男女の敵なんですね」
----------------------------------------------------------------------------------

要約:「詰んでます」



そう、どんな状況であろうが、痴漢効果の対象になったモンスターは

「1回だけガチャを引いて良い。もし単発1点狙いSSRが出た場合のみ、なにもなかったことにしてやる。」

という強制ガチャをひかされる。

この絶望的な状況に追い込まれるうえに、パッツモSSRロトシックスを達成しても、3年から5年を失い、仕事も失い、多額の費用がかかる。当然、SSRのキャラがモンスターBOXに追加されているわけでもない。


しかしこれはあくまで「無罪を主張する場合」であって、やりましたと嘘をついて、示談で解決すれば、だいたい20万くらいで済むらしい。
1回350円とすると、570連分のガチャチケットを掠め取られたと思うと煮え湯どころか硫酸飲まされたような気分になりそうだが、前者の宝くじガチャ引くよりは、幾分かマシである。


そうだそう、やったことにしてしまえばいいんだ。ねほりんぱほりん見ててマジでよかった。



さらに、ラッキーなことがあった。


目の前に、門番ポジションの女性がイヤホンをしてこちら側をむいている!!

3電車位置


あの位置からなら!!!ボクのカバンを持つ手が明らかに少女のソレに触れていないことが分かる!!!!やった!!!



しかし、こちらに気づかず、スマホを凝視する女性



ちがう、ちがうぞ!!!!!見るべき場所はそこじゃない!!!!!!!今、この空間内での社会的弱者の命があなたにかかっているんだ!!!!!!Lineは今じゃなくても返せるが、この現場証拠は今しかないんだ!!!!!!!!!!!ジョジョォォォッォォォォォォォォォッォ!!!!!!!!!!


















次の駅で、普通に目の前の女性は降りました。





あのですね。



せめて監視カメラとかさ、費用もかかるんだろうけどさ、お願いします。

数秘術を用いた自身の才能と高知能指数に関する証明

少し前にTwitterでこんな呟きをした。してしまった。

bandicam 2017-10-15 16-58-10-667



この、別に僕の中では擬音と同程度の呟きであったのだが、MENSAがどうとかIQが120とか130だとかサボテンがどうだとか少しタイムラインが盛り上がってしまった。





遅刻魔であることを自覚している。「14時に待ち合わせ」と設定すれば、僕をよく理解している人は14時15分くらいに待ち合わせ場所に着くよう行動する。僕がちゃんと10分前に着いていると、狐につままれたような顔をするのは致し方ないことである。

以前ブログで大学の遅刻について書いた。これは呟いたこともなかったかもしれないが、大学へ行く電車で睡眠体勢に入り、ハッと起きたら場所は地元近くの折り返しの駅、時計を見ると期末テストが終了していたこともある。いやこれは遅刻じゃないか。欠席か。



10時横浜集合なのに12時に起きた罰で後日秋葉のカラオケルームでメイドコスさせられたのは今でも鮮明に記憶している。メイド服は女性が着る服という観念を持ち合わせていない集団による、非道極まりない拷問である。いや、遅刻してすいませんでした。



しかし流石に社会に出て時間管理を強制に矯正され、日常でも14時集合で14時3分にはなんとか到着する位にまで社会適合した。先祖3つくらい遡れば沖縄の血が流れているのかもしれない。なんくる、ないざぁー。ゴーヤは、苦手です。



そんな、時間に関しては社会的信頼が全くない僕が、擬音とはいえ有言不実行という観点からも信頼を落とすのは流石にマズイのでは?と思い、しかも「近々」とかいう在ろう事か最も苦手としている時間の制約をつけてしまったため、実は少しづつ書いていたブログを横に置いて書き始めた次第だ。




じゃあ何の根拠のカケラもなく自分が天才である証明をするかというと、そうではない。







今回は、MENSAとか、IQテストとか、IQサプリとか、アハ体験とかではなく、






冒頭に題した、"数秘術"を用いる。








数秘術(すうひじゅつ、英: Numerology)とは、西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名である。「数秘学」とも言う。 一般的な占術の方法は「命術」で、占う対象の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法である。(wikipediaより)


発祥は紀元前500年前くらいのピタゴラスだとか、更に3000年前くらいのローマだ中国だエジプトだギリシャだで使われていた、とにかくとても歴史の古く伝統のある"命術"なのである。


理系大学出身で現在はSEとして社会に従事し、苦手科目は古文と歴史、得意科目は大富豪。


そんな非科学的なものを信じているとかお前はそれでも理系人間かと、同期からは蔑まれてしまうかもしれない。


しかし私はそんな理系出身、いや、理系業界全体に警笛を鳴らしたい。


かつて「地球が太陽の周りを回っているなど、どう見てもありえんだろ」と言われていた。当然である。太陽が東から昇って西から落ちていく様子を見ていれば、普通はそう思う。「日が落ちる」「日が昇る」という言葉が今でも平然と使われている。落ちているのは地球だし、昇っているのも地球だ。



しかしその「ありえない」ことを「いや、待てよ?」と立ち止まり、検証をするのが理系としての本当の姿なのではないだろうか?



てか本当にありえないのか?数字の力を使う数秘術であるが、数学科の人達が素数を見て興奮している姿、脳から出ているアドレナリンを発生させるエネルギーの根源は、やはり「数字」自体のエネルギーから変換しているのではないだろうか…

「数字」がエネルギーを放出し続ける、半永久的な概念であるとすれば、21世紀科学界を震撼させる新エネルギー源ではあるが、そろそろいい加減話を戻そう。えーっと、そう、なんくる、ないざぁ〜?


http://uranai007.com/suuhi/


ここに自分の生年月日を入力することで自分の"数"を求めることができる。



3000年の歴史ある自分の"運命の数字"が幾つなのか、期待と不安が入り混じる。



九想図を脳裏に浮かべ自身の煩悩を棄て去りCalbeeのポテチのり塩味を食い漁りながら「調べる」ボタンをクリック!!!


bandicam 2017-10-19 21-08-35-212




んーーーー…?11??



え?これ1~9で決まるもんじゃないの?このワンペアに喜ぶべきなのか?理系男子として、この素数に歓喜すべきなのか…?


しかし11の性格分析は更に力強い説明がなされている。





基本性格:マスターナンバーです。





基本性格が、「マスターナンバーです。」????





僕は、「マスターナンバー」という性格を生まれてこの方一度も見たことがない。


「あなた、几帳面な人ですね」


とは言われた経験、もしくは他人が言われていた経験はあったかもしれないが、


「あなた、マスターナンバーな人ですね」


というフレーズを、記憶する中では一度も、いや、潜在記憶にまで遡ってもないと断言できる。

これは、僕がただ浅学菲才なだけなのか、この診断を作った作者の文章構成能力に著しい問題点があるのか、数千年前の数秘術を作った古代哲学者の業界用語であるため現在では事実上死語となっているのか。林先生か池上先生しか解説することができないのは容易に想像がつく。



救済処置的にマスターナンバーな性格の現代語訳が書かれているため、羅列する。

・数秘術において特殊な数字である
・研ぎ澄まされた感性がありスピリチュアル
・感受性が繊細、芸術性がある
・神経質でストレスを溜め込む
・完璧主義者なので行動が遅くなり、約束の日時を伸ばしてしまうことも
・完璧主義者なので行動が遅くなり、約束の日時を伸ばしてしまうこともある
・約束の日時を伸ばしてしまうこともある



そうか…僕の遅刻癖は3000年以上の統計学と哲学に基づいた"運命"だったのか…



・直感的に行動する
・常人には考えつかないアイデアが出る
・あなたが男性の場合頭が良く意志の強い女性を、女性の場合活動的な男性を好きになる
・不眠、鬱などの神経過敏



適職:アーティスト、作家、画家、ダンサー、占い師、技術者、研究者



そういえば、就活の時に性格診断したら適職は「作家か画家」って出たなあ…情報学科辞めろって、あの時から警告はあったんだなぁ…

以上列挙した理由により、詰まる所僕は才能に溢れた天才である、ということを証明することができた。

しかしこれだけでは少し理由が甘い気がするので、更に僕の才能を証明するために、海外版の数秘術も用いる。



生年月日のみで判定する日本の数秘術はプログラミングで言うところのコンパイラ型言語であり、BLEACHの鬼道で言うところの詠唱破棄のような、日本に馴染みがあり簡略化した診断方法なのである。海外の数秘術では生年月日に加え「自分の名前のローマ字の画数」を足した数字から算出する。





そう、





私はこの海外の数秘術を用いても






"11"なのである






おお





おおおおおおォォ!!







湧く……湧くぞ……!!!!







"芸術"が!!!!センスが!!!!他の追随を許さない圧倒的閃きが!!!!!!!








ウオオオオオオオオオォォォォォォォ!!!!!!!!





IMG_3294.jpg
              題:「太陽の塔」









(追記:自分のローマ字を足すと画数が18になるのですが、1と8という分解を行わず生年月日に18を足した結果が"11"でした。厳密には海外版の運命数は当記事とは異なる可能性があります。海外の正式な運命数の求め方は未調査の為、この考察はこのまま迷宮入りにする所存でございます。この不確定要素に関しては執筆中に気付いたわけでありますが、このために今まで書いたものがパァになるのも神経過敏の私には鬱病の原因になる要因に成り得る為、ホワイトアルバムを倒した時のミスタ的強行に投稿した次第でございます。)


プロフィール

ノンフロン

Author:ノンフロン
ポケモンとか、パズドラとか、ミリオンアーサーとか、とかとかとかとかとかとかとかとかとかとか

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。